投稿者 gbapringles | 2010年12月27日

【微グロ注意】これがおれの本体のイケメン耳穴だ【破れた鼓膜の話】

鼓膜が破れるという体験が新鮮だったので病院へ行く前にtweetしてしまいましたが、周りの人に心配かけ、なおかつけっこう大事でしばらく治らないまま人前に出ることになるので、ひとまず回復具合のご報告がてら。

えーと、まずは健康な状態の鼓膜の画像から出します。
いま自分で見返しても、破れたほうはけっこうショッキングだったのでー。

右耳の健在な鼓膜

真ん中の薄い膜が鼓膜です。そのなかでちょっとピンク色が濃くなってる部分が耳骨だそうで。
これ、怪我した当日に病院で撮影したものです。

怪我したいきさつはと言いますと、綿棒を耳にさしたまま歩いたらサッシの端にひっかかり、綿棒が前方から押される形となりました。
というわけで、おそらくテコの原理で耳穴が拡張され、合わせて挿入もあったのかもしれませんが、ミリミリッと勢い良く鼓膜が破れてしまいました。

耳鼻科の先生に見せ、どのくらいで治るのかを尋ねると、
先生「『鼓膜が破れても自然にふさがる』っていうのは、『小さな穴があいた場合には一ヶ月ぐらいかかって治る』ってことだからねぇ。ここまでほとんど破けてると、どうかなぁ」
とのこと。

つまり下の画像の黒丸くらいの穴なら一ヶ月で治るけど…てことらしい。

普通サイズの鼓膜破れ






この次がグロ注意です。苦手な方は見ないように気をつけてください。










ちょっと赤いです。






じゃあじゃあ、僕の左耳はどうなったかというと、鼓膜がほとんど破けてました。大破。
気になる画像は、こちらです。

鼓膜が破れた大破

あーあ。
耳の骨が完全に露出しています。

さて、内視鏡で覗いた後は聴力検査でした。
先生「うーん、もともと聴力があまりよくないですね?」
そーなんですよね。20歳過ぎたくらいからなぜか右があまりよろしくないような。ハッキリ証明されました。
でもこの時、ヘッドフォンごしに鼓膜の敗れた左側からも音がすこし聞こえたんだよね。
頭蓋骨に響くのかな。あと耳の後ろに付ける骨伝導イヤフォンでも検査しました。

聴力検査後の先生の言葉、第一声はさきほど書いた聴力についてのコメントだったんですが、その次。
先生「んー、治らないんじゃないかな?」
え、ちょ、先生!?いまマジ言いましたね!
うん、本当にこう言われました。ドドドキリッ。
ことのきはちょっと動転したけど、あとで冷静になって考えると「手術しないと治らない」という意味だったようです。

先生「年末年始のお休みの間に手術するのがいいかな。頬から筋膜をとって、それを鼓膜がわりに入れることになります」
げー手術!
先生「入院は3日から1週間ぐらいかかります」
げげげー入院!ベッド!でもお高いんでしょう!?

まあ、たしかに、黒丸程度で完治に一ヶ月かかると言われて、あの大破した鼓膜と見比べれば一大事なのはわかります。

さすがにちょっとコレは、ミンゴスライブ参加がやばいかも!と心配になりました。
でも2日後にもう一度検査してもらうと、破れたとこの角っこが、フチが、ほんの僅かですが再生してるようにみえました。
先生も「ん!?」とか言ってるし。
このままうまく再生していくようなら手術は要らないとも言ってくれるし。

これで、自分の中では心置きなくミンゴスライブ参加できることになりました。
本当は初診の時に「あのー、音の大きい場所とか、どうですか?」と尋ねただけだったのに先生は「コンサートとかはあまりよくない」と即座に答えてくれてたんですが。エスパーか。

なんてことがあって、土曜日はライブに参加して、月曜日にまた診察してもらった時の画像がコレ。

005.jpg

フチが明らかに伸びてるし!ええ!まだ一週間経ってないよ。
半透明の輪ゴムみたいなのが再生した部分です。
先生「凄く早いですっ」
手術の話もひとまずは無くなりました。すこーしだけど聴力もあります。

よーし。タンパク質摂取に気を配り、鼓膜がくっつくイメトレした甲斐があった。
きっとラム肉も効いてるはずだ、ありがとう。

でも今週はひどく疲れる。たぶん先週は怪我直後&ライブでアドレナリン出っぱなしだったんじゃないかな。
普通はめまいするのが当たり前らしいです。

以上。

鼓膜破れるという体験が新鮮だったのと、伝聞を元に症状を甘くみてたので病院へ行く前にtweetしてしまいましたが、結果周りの人に心配かけてしまいました。
なおかつ診断してみるとけっこう大事で、しばらく治らないまま人前に出ることになるので、ひとまず回復具合を報告しました。俺達の治療はまだ始まったばかりだ。
良くも悪くも自分らしいなと思います。

■続報!
あれから1ヶ月もしないうちに、3割方、ふさがってきました。
050.jpg
赤いところはかさぶたみたいなもんらしいですよ。
本当かなぁ、ちと不安。正月寒くて少し風邪引いたもんで。
あと左の鼓膜の画像は全てサムネイル表示にしました。TOPページからエントリを辿るとまるみえだったねぇすまねぇ。

■さらに続報 30日後
004.jpg
穴の位置、わかりますか。
一つ前の画像では赤いかさぶたが十字架状になっていましたが、それが右に移動しています。
今回の画像ではその赤い十字架の下端、右側に見えるのが穴です。そうとう小さくなりました。

なぜかさぶたが移動したかというと、じつは鼓膜は指の爪と同じように成長・移動するんだそうです。
それも中央から端へ向かって。だから十字架は鼓膜中央から見て右上に移動しています。

■そして、鼓膜大破から40日後!
008.jpg
ふさがった、たった40日で…バケモンや(俺です!)
かさぶたは更に外側へ移動。

かさぶたが残っていたりまだ歪なところがあったりで、聴力が完全に戻るにはもう暫くかかるそうですが、もうお風呂に入るとき耳栓は必要ありません。風邪のウィルスが傷口に伝染って鼓膜の再生を阻害することもありませんイャッフゥゥゥゥ!

■<鼓膜が破れた方々へ 諸注意>

「鼓膜が破れたかな?」とおもったら、まず耳鼻科へ行ってください。
ちっちゃな穴の人は注意する必要は無いのかもしれませんが、破れたところから水やウィルスが入ると問題です。鼓膜が再生しなくなる、内耳などに深刻なダメージを与える恐れがある、などなど危険です。
病院では、内視鏡を使った簡単な鼓膜の撮影、耳道の消毒、聴力検査、そして薬などをもらい、日常生活を送る上での注意をうけました。

・撮影は簡単です。耳の穴に棒を突っ込んで、終わりです。
・画像から確認できたのですが、私の場合は血が出てたので耳の穴をふいてもらいました。
・聴力検査はヘッドフォンをつけて、音が聞こえたらボタンを押す、という形式でした(実はこれの料金が高く2500円程度)。
・風邪に感染すると破れた鼓膜に菌が伝染り、再生しなくなる場合があるので、抗生物質などの薬をもらいました
・鼻水から風邪の菌がうつらないように、鼻水が出にくくなる薬をもらいました(鼻と耳はつながっているため)
・シャワーやお風呂に入るときは、破れた鼓膜から水が入ると中耳炎になる可能性が高いので、耳栓の説明を受けました(膨張による圧迫が強くなく、水を防げて先が尖っていない、水泳用の耳栓を薦められました)。

以上が病院での処置と注意です。

ただ、これだけでは、1ヶ月程度で大きな穴が完治することはないと思います(笑)
私も初めは手術を勧められたり、小さい穴でも数ヶ月かかるとお医者さんに言われました。

web検索して「鼓膜 破れる」などをいろいろ調べた方ならおわかりでしょうが、医院のサイトなどで紹介されている例では小さい穴でも3ヶ月かかっていたり、大きな穴だと1年でようやくふさがった、などの記述が見られます。

私が完治に向けて努力したのは、タンパク質を摂取することです。
鼓膜は主にタンパク質で出来ているそうなので、素直に肉やプロテインを多めに取りました。
ま、鼓膜なんてちっちゃいんでそんな大量のタンパク質なんて必要無さそうですけど気休めです。
あとは左耳に意識を集中して治ることをイメージ。
その間、耳の中が突っ張るような、引っ張られるような感覚がありました。成長痛のようなものだったのかもしれません。鼓膜が一生懸命伸びていたのかも。

不幸にも鼓膜が破れた方は早く病院へ行って適切な処置と指示を受けて、落ち着いて静養してください。そしてバランスよく栄養をとってください。それが完治への早道だと思います。

■余談
私は学校では運動部に入ってました。だから回復力は強いほうだとおもいます。

ザバスアクアホエイプロテイン100アセロラザバスアクアホエイプロテイン100アセロラ (aa)
むかし使ってたプロテインで、ザバスのアクアプロテインというのが水によく溶けて味も爽やかで飲みやすかったのでおすすめです。牛乳じゃなくて水で大丈夫なほどの味。以前はグレープフルーツ味だけだったんですが、今調べたら新しいアセロラのほうがより美味しいそうなので紹介。
更に大昔はこんな物もなくて、とにかくとにかくクソまずかったのです。牛乳に溶かして味をごまかさないと飲めたもんじゃなかった。

んで、必死で体つくってる時って水分でお腹が膨れると動きにくかったりご飯が食べられなくなったりくなるので、アクアプロテインを粉のまま食べてました。
もちろん口の中がパサパサになるので、スプーンいっぱい食べたら飲み物で流しこんでました。

web拍手

AX

広告

Responses

  1. 鼓膜治るまでは、耳鳴りや聴覚の低下、自分の声が頭の中でこもるようなことは、ありましたでしょうか?
    同じような形で、私も痛めてしまい、参考までご教示いただければ、嬉しいです。

    • たしか無かったと思います。お医者さんにご相談されるのがよいと思います。

      • ご返信ありがとうございました。
        感謝申し上げます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー