投稿者 gbapringles | 2011年7月4日

“THE IDOLM@STER 6th ANNIVERSARY SMILE SUMMER FESTIV@L!”札幌公演に行ってきました。東京公演にも行ったよ

6月25日の東京ドームシティホールでのライブが想像以上に楽しいものだったので、ミンゴスはらみーがリーダの7月2日開催、札幌公演にも急遽参加してきましたよ。

セットリストは電撃オンラインさんのレポート記事から拝借させていただきました。
しっかり今井さん&ハラペコ原さんがリーダー!! 『アイマス』6周年ライブ札幌上陸 – 電撃オンライン

では以下に、曲に対する個人的な感想メモをつらつらと。

会場となったZepp札幌で僕は1Fスタンディングの後方、下手側に陣取りました。

・2011年7月2日16:00~開演 札幌・ZEPP SAPPORO
【出演】今井麻美(如月千早役)/原由実(四条貴音役)/中村繪里子(天海春香役)/仁後真耶子(高槻やよい役)/平田宏美(菊地真役)/若林直美(秋月律子役)/長谷川明子(星井美希役)/沼倉愛美(我那覇響役) ※敬称略

■01.『THE IDOLM@STER 2nd mix』(全員)
下からステージを見上げると足長に見えるからカッコイイよね。特にZepp札幌はステージが高かったので後方からでも見やすくて良い会場でした。
61rUuqjyMLL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue(Amazon)

■02.『きゅんっ!ヴァンパイアガール(GAME Size)』(今井・原)
きゅんパイアがきた!東京公演でも2曲目がDLC新曲第2弾の『Honey Heartbeat』だったから予想できたけど、実際に目の当たりにしたら、あー!あー!
イントロが流れて場内騒然、最初に8人全員で様々なモンスターポーズ(だったはず)を決める。さて誰が歌うか…ステージに残ったのはやはりこの二人、札幌のリーダー今井麻美と原由実。
この曲は1ヶ月前にゲームのDLC曲第4弾として登場したばかりでライブはこの時が初披露でしたが「はぁぁん」の部分では当然のように会場中が一斉にコールです!アイマス界隈でどれだけ話題になってたかがよくわかるシーンでした。
片足でポージングする場面では、今井は利き足でないとフラフラするとトーク。そこから話をふられた原は「私は(ふらつかないように)両足で立ってました」と驚きの発言。そうかその手があったか…!

きゅん!ヴァンパイアガール

■03.『START!!』(中村)
特に喜と驚の感情を歌に込める中村さん。札幌では東京の時よりも大きなアクションの振りと高いテンションの歌声だったようにも感じられました。肌で感じた会場の盛り上がりへの返答でしょうか。アイマス初上陸の念願かなった北海道民と長旅を乗り越えた遠征組の熱気で会場はグツグツと沸騰していましたから。普通に腕を振っているのだけど生命力が溢れている、まるで自身が演じる天海春香のようなパフォーマンスでした。
61FZNWI2D8L._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 02-FIRST SEASON-01 天海春香(Amazon)

■04.『Day of the future』(長谷川)
響のTRIAL DANCE やNext Life がクラブなら、美希のこの曲はディスコかな。イントロが流れた瞬間から、まるでミラーボールの明かりが回転して会場を照らし出すような華やかさを感じます。テ・レレレレレレー ポゥッ! 長谷川のダンスは柔らかさが特徴かなーと思うんですが、この曲の見せ場は舞台の端に向かってゆっくり移動しながら、体を前後にこれまたゆっくりと波打たせるあの箇所だと思います。マイケル・ジャクソンのムーンウォークを思い出させる滑らかさを見せながら上手、下手ヘと移動する長谷川の姿にに数千の視線が注がれました。ちなみに東京公演の翌日がマイケルの命日でした。
618El-aZNYL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 02-FIRST SEASON-03 星井美希(Amazon)

■05.『キラメキラリ』(仁後・平田)
仁後演じるやよいのこの歌は元々元気さが売りで大人気のステージですが、パートナーに真役の平田を迎えたことで鬼に金棒状態です。これまで回を重ねる事にヒートアップしてきたP達との力と力のぶつかり合いは、v.s.平田&仁後のパワフルコンビ、という新しいステージへ。見ないと損するぜ、見ると火傷するぜ。
51K-sPDBLVL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 02 高槻やよい(Amazon)

■06.『恋するミカタ』(若林)
上手から下手ヘと大きなストライドで移動しながらターンして優雅にスカートの裾を翻す印象的なシーンは、新春ライブでは右1回転からメガネをクイッの、左1回転だったんですが、この日は連続2回転からの下手方向への前蹴り、さらに一回転という大盤振る舞い。スカートの中身も?それは僕にはみえませんでした。
61mZCk7wmtL._SS350_THE IDOLM@STER 2 「SMOKY THRILL」 [Single, Maxi](Amazon)

■07.『TRIAL DANCE』(沼倉)
新春から東京への変化はダンスの全体的なダイナミックさUPと沼倉自身の歌い慣れやおそらく練習によるレベルUPで、これでもパーフェクトに思えましたがさらに札幌ではミュージックに変化が。スネアドラムというものだと思うんです、ドンシャリのシャリの音って表現で合ってるかな?これがとても大きくなっててまるで主旋律のようでした。ジャラン!ジャラン!と打ち鳴らされる音がピリリとしたスパイスになってて挑発的。全体を引き締めながらもこちらを興奮させてくれます。ちなみにこのアレンジ、東京ライブ終了直後に遠山明考さんが再調整したいとおっしゃってた結果のひとつだと思われます。早速すごいー。

http://twitter.com/#!/AJURIKA/status/84989265951465472

AJURIKA (Akitaka Tohyama/遠山明孝)
5月のはんだやレイブでも、昨日のアイマスライブでも若干感じた自分の曲のミックスに対する違和感。重箱の隅をつつくようだけど、違和感無くしたい。というわけで平日の昼間にどこかクラブ貸しきって爆音環境の中いろいろ試したい…

61ocahe7AjL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 02-FIRST SEASON-02 我那覇響(Amazon)

■08.『my song(M@STER VERSION)』(今井・原)
この歌をこの二人で。いまやアイマスライブの2大歌姫となりつつある二人で優しく美しく歌いあげてくれるのでとても幸せでした。まずは優しく今井パートから、つづいて原がより力強い低音で続くと思わずため息がもれました。
THE IDOLM@STER MASTER LIVE 04THE IDOLM@STER MASTER LIVE 04(Amazon)

■09.『MEGARE!(M@STER VERSION)』(全員)
キュートな賑やかさが好き。ライブ中盤の新たな定番になってきてます。

■前曲の09.「MEGARE!」で全員が揃ったことでトークコーナーが開始され、北海道やその美味しいものを話題に華が咲くかと思われたんですが、興奮気味の客席からの声援で会話が途切れがちに。そこで中村の機転で「はーい今から皆のおすすめを言ってー!…はい、ありがとー」というようなやり取りをしたけど収まらず、早々に次曲10.「風花」曲へと移行することに。

■10.『風花』(原)
そんな熱っぽい少々の波乱を見事に醒ましたのがこの曲『風花』でした。
原がお辞儀をし終わり演奏と拍手が止んだ後には、曲前とは打って変わった静寂と唾を飲み込むような余韻が残っていました。
619PqNmyoOL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 06 四条貴音(Amazon)

■11.『眠り姫』(今井)
さらに風花に続いてこの曲がくるという、あらかじめ仕組まれたような展開を見せる札幌公演でした。間奏では毎回拍手が沸き起こります。やや無軌道になりかけた熱狂が、風花と眠り姫によってお互いを尊重しあう緊張感をはらんだ熱気へと再度生まれ変わったと言えばいいでしょうか。
この歌自体も東京からさらに進化を遂げてました。新春ライブでは全体的に声量が足りなかったせいか、比較的静かな前半部分にメリハリが無いように感じましたが、東京ではそれを解消。そして札幌のAメロではささやくように歌うことで悲壮感と切実さを表現することに成功したように感じられ、後半の盛り上がりが引き立ち完成度がさらに上がったと思いました。
61RrQx3YWSL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 05 如月千早(Amazon)

■12.『SMOKY THRILL(M@STER VERSION)』(若林・沼倉)
ダンス部!札幌でもダンス対決の時間がやってきた!沼倉の軽快な素足に対するは若林の花弁が広がるようなスカート、最年少v.s.最年長の競演ですよ。若い才能と稽古量とがぶつかり合い、笑顔という火花が飛び散る感動のダンスステージはリズミカルでブラスの効いたこの楽曲ならではです。
東京では2階席から見ることで全身が見えたのでステップを堪能できました。そして札幌ではステージを見上げることで迫力を体感できました。最高にエキサイティング!
61mZCk7wmtL._SS350_THE IDOLM@STER 2 「SMOKY THRILL」 [Single, Maxi](Amazon)

■13.『スマイル体操』(仁後)
皆で声を合わせての「わっはっはっは」が気持ちいい。ステージ上と客席との一体感は今回のツアー随一かもしれません。ライブでの初披露は新春でした。今回のツアーからは客席を埋めたP達もコールに慣れ、「いちにっ」や「WISH WISH」と大盛り上がり、つられて仁後もさらに輝いていたように見えました。
61u9tq6856L._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09 高槻やよい(Amazon)

■14.『tear』(平田)
歌詞の悲壮さを振り切るような力強い歌声からはカッコ良さも感じます。夏にはいろいろあるよー、この歌だけが持つ夏らしさが感じられるステージでした。
61T1F7YmpfL._SL500_AA300_THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 04 菊地真(Amazon)

■15.『乙女よ大志を抱け!!』(中村・長谷川)
元々は中村演じる天海春香の曲ですが、中村と長谷川コンビの無邪気なかわいらしさがピッタリはまっていて、まるで2人の為に書き下ろされた曲のような気がします。
カラッと爽やかな北海道の夏がオーバーラップします。
51j5e7AxoFL._AA300_THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01(Amazon)

■16.『arcadia』(今井)
札幌公演のリーダーとしての特別曲は、MASTER SPECIAL 03(MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON-05 にも収録) からこの曲。2年前に今井が参加した眉山山頂秋フェスタで見せたパワフルにアレンジした歌い方から更に変化して、今回は作曲時のイメージ通りに優美な女神を彷彿とさせる歌声に恍惚とさせられました。
THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03  如月千早 我那覇響(Amazon)

■17.『フラワーガール』(原)
「2年ぶりです」と語った原のステージでは見違えるほどの表現力が発揮されました。MASTER SPECIAL 04 収録曲。以前の印象では「ホワホワとかわいい曲だなー」とだけ感じていたのですが、この日はかわくてもブリっ子しすぎず、魅力的でもセクシーすぎずと、深みのある多面的な歌声を披露していました。この魅力に引きずり込まれると長そうだ。もしかしたら既に原のこの歌はアイドルソングとして完成されているんじゃないでしょうか。。。
5736a1909fa0cf7fc5531210.LTHE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 04 萩原雪歩 四条貴音(Amazon)

■18.『READY!!(TV Size)』(全員)
TVアニメわくわく!

The world is all one !! と READY!!

■19.『The world is all one !!』(全員)
札幌に集まったP達、初めはステージからの歌声を聴いたりコールを送ることを楽しんでいましたが、「皆も歌ってー」の声を聴いてからは、この地でもとても大きな声での大合唱となりました。
61fUjjjJs L._SL500_AA300_THE IDOLM@STER 2 「The world is all one !!」 [Single, Maxi](Amazon)

【アンコール】
■20.『GO MY WAY!!(M@STER VERSION)』(全員)
アイマスファンのみならずゲーム・アニメファンを席巻した感のあるあの大人気曲がついに海を渡ったということで喜びが爆発したような会場となりました。

■21.『THE IDOLM@STER(M@STER VERSION)』(全員)
アイマス2とアニメアイドルマスターからはプロデューサーとなった秋月律子役の若林がアイドル役のみんなの間を巡り愛情を注ぐステージ演出。スタートはここからです。

ミンゴスファンとしての感想。アイマスのライブでは自身のステージ以外はたいてい端の方にいるミンゴスが真ん中にいて、終始とっても嬉しそうにニコニコしている姿を眺められたので満腹ですわい。貧乏性ゆえ普段は全体を俯瞰してしまい、そのせいで中央付近ばかりが記憶に残りやすいので…

次の参加は、最終日の大阪を予定しています。
でも次の名古屋ではリーダーが下田麻美さんと浅倉杏美さん。萩原雪歩役の2代目としてステージに登場してからおよそ1年のあずみんが堂々のメインヒロインですよ!何を歌うか考えたらワクワクしますよぉー。あさぽんはアイマスのラジオでレギュラーを担当して間もない時期、どんな活躍を見せるのか。

そして福岡では平田宏美さんと仁後真耶子さん、今回のツアーで最も西にある会場では二人のキラメキラリがどのくらい燃え上がるのか、現地オンリー曲はどうなるのか?

どちらも大注目だなー。

『THE IDOLM@STER 2 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY!! 2011』のステージを観た感想
今回の『SMILE SUMMER FESTIV@L! 』で歌われた楽曲の多くはこの新春ニューイヤーライブで初披露されたものばかりだったので、こちらを参照されるとより楽しめる、かも。

AX


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー